競艇 ボロ負け

ボロ負けした時の救世主

競艇でボロ負けして給料なくなりました!
自信のあるレースで8万負けました!
熱くなって15万負けました!

 

競艇負けすぎてやばい時に、現金がなくて困った経験があると思います。ヤミ金に手を出してはいけません。安全に現金を調達する方法があります。

 

ご存じでしょうか?自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができるのです。

 

これが 一番安全に現金を調達する方法 です。

 

もちろん合法なので堂々と現金を手にできます。それでは、この方法を解説していきますね。

 

お急ぎの方和光クレジット公式サイト

 

 

一番安全に現金を調達する方法

誰にもバレずに

今すぐ現金を調達して

ピンチを切り抜けたい!

 

 

という方へ、クレジットカード現金化というシステムを簡単に説明したいと思います。

 

クレジットカード現金化とは

ショッピング枠を利用限度として「商品購入から買い取り」を一括して行ってくれるので、即時現金を受け取れるというサービスです。

 

購入した商品の発送は行われないので、自宅に商品が届いて家族にばれるという心配もありません。

 

カード会社への支払いは、分割払いやリボ払いを選択できます。消費者金融や闇金への返済に比べて非常に楽ですし、余裕をもってストレスなく支払いができます。

 

利用の流れ

1 申し込む

公式サイトの「お申込みフォームはこちら」というオレンジ色のボタンから申し込みます。

 

2 決済手続き

ネットショップで買い物して、クレジットカードで決済します。

 

3 振込まれる

買い物終了後、最短5分で指定口座に現金が振り込まれます。

 

公式サイトでは24時間受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クレジットカード現金化優良店和光クレジット

 

 

 

 

競艇と東日本大震災

競艇は、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって大きな影響を受けました。

 

競艇場とボートピアの被害

最も大きな被害を受けた桐生競艇場では施設が損傷しました。

 

場外発売施設「ボートピア」も東北や東日本を中心に大きな被害が出ました。

 

開催中止

地震の発生を受け、主催者は3月11日に行われていた開催を打ち切りました。

 

13日には、全国すべての競艇場が14日から3月末まで開催を中止することを発表しました。

 

総理大臣杯競走

戸田競艇場で開催予定だったSG「総理大臣杯競走」も中止になりました。

 

義援金

日本モーターボート競走会は、3月28日に義援金として10億円を拠出することを発表しました。

 

東日本大震災被災地支援競走

4月1日以降を初日とする開催から「東日本大震災被災地支援競走」として順次開催を再開することになりました。

 

ナイター競走

電力事情に配慮してナイター競走は休止して、昼間開催に変更しましたが、4月25日を初日とする開催から順次再開しました。

 

桐生競艇場での開催も5月11日からナイターで再開しました。

 

SG東日本復興支援競走

2011年8月5日から10日まで、中止となった総理大臣杯競走に代わるSG級競走として「SG東日本復興支援競走」を戸田競艇場で開催しました。

 

出場選手

出場選手は、総理大臣杯に出場予定だった52人の選手です。

 

開催期間がフライング休みにあたる選手は除外されて、総理大臣杯の予備選手が繰り上がりになりました。

 

優勝賞金

優勝賞金は3000万円で、実施規則は他のSG競走と同じに扱われましたが、次回開催SGの出場シード権はありませんでした。

 

競艇と新型コロナウイルス感染症

競艇は、新型コロナウイルス感染症によって大きな影響を受けました。

 

2020年2月

2020年2月、日本で新型コロナウイルスが流行しました。

 

競艇は2月28日から全場が閉鎖されて、無観客で開催されました。

 

外向発売所と場外発売場も閉鎖されて、投票は電話とインターネット投票のみになりました。

 

3月

無観客開催は3月15日までの予定でしたが、感染規模が縮小しなかったので無期限に延長しました。

 

4月

4月には改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を政府が発令したので、無観客開催が続きました。

 

舟券購入は電話投票とインターネット販売だけでした。

 

レースはJLC、各競艇場の公式YouTubeチャンネル、ニコニコ生放送でライブストリーミング配信されました。

 

無観客期間が延長になったので、平和島競艇場で行われたSGボートレースクラシックから鳴門競艇場で行われたSGオーシャンカップまでのSG4大会とプレミアムGI1大会が無観客で開催されました。

 

5月

5月になると感染拡大が抑えられて緊急事態宣言も解除されたので、大村競艇場で5月22日の開催から観客の入場を再開しました。

 

入場時の検温で体温が37度未満であること、マスク着用義務化などの各種条件付きでした。

 

その後も各競艇場と外向場外発売所で無観客措置の解除を進めています。

 

多数の来場が予想されるGU以上のグレード競走開催は、無観客開催措置か事前抽選入場措置を取っています。

 

7月

7月から第2波の影響で再び感染が拡大しました。

 

7月21日には、ボートレーサーで初となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。

 

7月22日から27日まで宮島競艇場で開催されていた「ルーキーシリーズ第13戦」に出場した選手たちに新型コロナウイルス感染を確認しました。

 

8月

この影響で8月3日から8日まで開催予定だった「第3回東京スポーツグループ杯」の開催が中止になりました。

 

住之江競艇場で7月30日から8月4日まで開催されていた「ボートの時間!ご視聴ありがとう競走」に出場した選手にも新型コロナウイルス感染を確認しました。

 

それで、8月11日から16日まで開催を予定されていた「大阪ダービー 第37回摂河泉競走」が中止になりました。

 

2021年4月

2021年4月の第4波では、3回目の緊急事態宣言が発令された東京都と関西3府県の5場について、閉鎖・無観客開催措置が取られました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B6%E8%89%87

 

page top